So-net無料ブログ作成
カフェ ブログトップ

CAFE RICCO 竹ノ塚の隠れた名店〜コーヒーとワッフル専門店〜 [カフェ]

えっ?竹ノ塚なのに??
ここは、足立区竹ノ塚CAFE RICCOだ。
オススメしないけどオススメのお店です

最近では、どこで仕事しているの?と聞かれ
「竹ノ塚です」というと「えっ?あの竹ノ塚?」と、言われることが多々ある。
ただでさえ、足立区というと評判が悪い。
今や北千住でさえもおしゃれな街、すみたい街になりつつあるが竹ノ塚は相変わらずだ笑
マツコの番組の影響により、皆さん竹ノ塚には色々なイメージを持たれているようだ笑笑

そんな竹ノ塚でも、こんなお店があるのです!!

店名の「RICCO(リッコ)」は“豊かな”という意味のイタリア語です。真の豊かさとは、価格という通貨の価値に主眼を置くことではなく、モノの価値に主眼を置いて判断することで得られるものです。豊かなものを得られる消費者の喜びだけでなく、適正な価格によって得られた利益で生産者の喜びも同時に満たすことを目指しています。(HPより抜粋

なぜ、この店を気に入ったか?というと
「なんとなく」です。感覚?
強いていうのであれば、HPにも書かれているように価値基準の選択が、値段ではなく「モノの価値」においていることでしょうか。
ちょっと話が脱線すると、レアなマニアックな情報が湧き出ているとことろが私と似ているところでしょうか笑

私が個人的に「この豆を選ぶ」ことを考えると
店長の佐藤さんが選んでくれて、ここで飲めるとすると
「なんて、素晴らしいんだ」と感じさせてくれる。



IMG_4380.jpg
先日、治療に来た友人からメッセージが

友人「竹ノ塚で奇跡的にオサレカフェ見つけた」

私「CAFE RICCO?」

友人「あたり」


IMG_4381.jpg
東京都足立区竹ノ塚で2014年11月にオープンしたコーヒーとワッフルの専門店です。
営業時間は、
平日7時〜18時
土日祝 11時〜18時
定休日 月曜、連休明けの平日

私は、朝の7時から8時くらいにお世話になっているのですが
昼下がりは非常に混み合ってます。
IMG_4382.jpg

 席数は14席+カウンターになります。添加物を極力控えて手作りを心がけていますので、小さいお子様を連れてのご来店も大歓迎です(未就学児にはハーフサイズのドリンクサービスあり)。
 当店はモーニングやランチといった時間帯に応じたサービスはありませんが、ドリンクとフードのセットで割引になるサービスを随時提供しています。いつでも同じ品質・サービスをお好きなタイミングでお楽しみいただけます。(HPより抜粋)
IMG_4375.jpg
IMG_4376.jpg
「La vita ricca, un pasto ricco.(豊かな食事が豊かな命・人生を作る)」をモットーに手作りを心がけ、安心して食べられるように化学調味料を使わない「no MSG added」を掲げております

IMG_4402.jpg

HPでのQ &Aより
「最近はどこもドリップで淹れているのに、なぜリッコさんはフレンチプレスなんですか?」とよく聞かれます。答えを先に言うと、高品質と評価されたコーヒー豆の風味を余すことなく安定的に楽しむには、現時点ではフレンチプレス(吸着性のない金属フィルターでコーヒー豆と水分を分離する方式)が最適だからです。
コーヒー豆の生産地でその風味を評価するときは、カッピングと呼ばれる手法を用います。この手法では、挽いた豆に直接お湯を注ぎ、紙や布などのように成分を吸着する性質があるフィルターは使用せずに、上澄みを味わって評価しています。フレンチプレスはこの方式に極めて近いのが特徴です。一方、吸着性フィルターを使った方式だと、生産地での評価から何かしら風味の引き算をすることになります。
もちろん、吸着性のない金属フィルターを使ったドリップもありますので、これを使う手もあります。しかしながら、ドリップは非常に難しい淹れ方なのです。器具(フィルターやポットの形状・材質など)や淹れ方(お湯の投入位置・速度など)など、風味に影響を与える要素があまりにも多いのです。それぞれの要素のぶれがとても小さく済んだとしても、要素の数が多いため、ぶれの総量は大きくなりがちです。一方、フレンチプレスは形状・材質も似たり寄ったり、淹れ方に個性は出しにくいためぶれは少なくなります。
このように淹れ方に着目すると、なぜその豆を使うのか、そしてなぜその淹れ方なのかという観点からお店の姿勢が見えてきます。当店は生産者の想い(産地での評価・品質)をそのままお客様に届けることを第一としていますので、風味の引き算がないフレンチプレスを使用してコーヒーを淹れています。」
とのことでした。

IMG_4409.jpg
透明感のある琥珀色したコーヒーの色
温度が下がらないように工夫された容器に注がれる。
混じりっけのない、単一コーヒー豆の風味は普段飲んでいる苦々しいそれとは程遠く
爽やかで、むしろうっすら果実を感じさせる。

43504089_1894219223996063_6638975229987127296_o.jpg
コーヒーも品種・処理方法・グレードなどによって風味が異なるそうで
単一の豆をフレンチプレスで提供していただけます。

普段飲んでいるスタバやコメダ珈琲とかのブレンドとは全然違う風味。
コーヒーという概念を覆すような香りと風味は、店長の佐藤さんの情熱を感じることのできる一品だ。
あまり混み合っても困るので、褒めるのを控えたくなる笑
オススメしたいけどおすすめしたくない理由です。

カフェリッコhttps://www.cafe-ricco.info
足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
カフェ ブログトップ