So-net無料ブログ作成
日本包括歯科臨床学会 ブログトップ

サクラサク 日本包括歯科臨床学会認定医試験合格 [日本包括歯科臨床学会]

今朝、日本包括歯科臨床学会認定委員の先生からの認定医試験合格通知が届いた。


「よしっ!」って気持ちと

「ホッとした」と言う気持ちと

「これからだな!」と言う気持ちが起きた。


ようやく臨床医としてのスタートに立たせてもらえたような身の引き締まる思いです。

照子先生は、

対面する患者さんの幸せを願い、できるだけ治ってほしい、自分の手で治したいと思い、

毎回、患者さんに「自分の医者としてのすべての試験を受けている」と思って臨んでいるそうです。

常に試されていると思いなさいと。


ホームドクターとして、
一、咬合崩壊しない顎口腔系を育成する
一、将来にわたる咬合崩壊を最大限起こさない治療を行うことを目指す
一、咬合崩壊を起こしている顎口腔系をどう再構築するか
一、それをどうメインテナンスしていくか
このことをしっかりと胸に刻みます。
筒井先生が日々おっしゃる
「サイエンスであり、かつアートである」は、内科医のウィリアム・オスカー先生の言葉を引用し、治療が終わる最後の最後で、自分の仕事が「アート」であったかどうかを常に自問自答しなさいと。
さらにアートという言葉を単なる技術・芸術だけにとどまらせることなく「医の心、医の道」を含ませているように感じます
1、患者さんの悩み、苦しみ、痛みに共感する心
2、いたわりの手を自然に差し伸べることのできる心
3、患者さんのために尽くす心
一口に言えば「愛」であり「慈悲」である
つまりサイエンスとしての歯科の学問的知識に裏打ちされ、しかもアートを持って患者に接しなさい。優れた技術・診断能力を持ち、その上医の心も兼ね備えている歯科医師になりなさいというメッセージであることを痛感いたしました。
人を対象としている上で大事なのは
1、言葉の重要性・・・心のこもった対話
2、医療の本質・・・医療は歯科医師ー患者との共同作業
歯科医師になり19年が経ちました。しかし、こうして指導を受けられる立場であることは幸せであり誰からの言葉に関わらず、真摯に受け止め少しでも歯科臨床を極められるよう、一人でも多くの患者さんを幸せにできるよう精進していこうと思いました。
IMG_0186 2.jpeg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

第8回日本包括歯科臨床学会開催プログラム 8月31日、9月1日 [日本包括歯科臨床学会]

「健やかなエイジングの研究
 成長発育と加齢」
〜ライフステージに応じた包括歯科臨床〜

今年の包括歯科臨床学会は
神戸国際会議場で開催されます

昨年は、私も第7回の学会実行委員長として尽力させていただきました。
関西支部の先生方の努力も身に染みてわかります
歯科関係者の方は是非とも、参加してください



以下は、包括歯科HPより抜粋
第8回日本包括歯科臨床学会学術大会・総会を神戸で開催致します。
「健やかなエイジングの探求~成長発育と加齢~ライフステージに応じた包括歯科臨床」というテーマで、時世に見合った興味深いプログラムを企画しました。
特別講演として岡崎好秀先生(小児歯科専門医)西田瓦先生(糖尿病専門医)に、機能と炎症に関してお話しいただき、シンポジウムでは「包括歯科臨床Ⅱ」の書評 を担当された、木原敏裕先生にご登壇いただくことになっております。
また、会員ドクター、若手ドクター、衛生士、技工士セッションでは、当会気鋭の演者が発表いたします。
様々な角度から包括歯科臨床に触れる絶好の機会ですので、是非ともご参加ください。
学会長 国賀 就一郎 | 大会長 上谷 智哉 | 実行委員長 由良 公二
■日時・会場について
日時:2019年8月31日(土)、9月1日(日)
場所:神戸国際会議場(神戸ポートアイランド内)
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-9-1
TEL:078-302-5200
<日本包括歯科臨床学会HPより>

67370833_2590418700980422_5622385096980955136_n.jpg

67434462_2590418860980406_7990350633423077376_o.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

筒井塾アドバンスセミナー前日 [日本包括歯科臨床学会]

IMG_0134.jpeg

最終の新幹線に乗り、

IMG_0142.jpeg

深川弁当を食べ(ハゼ)

IMG_0145.jpeg

夏休みで混んでいるため
小倉から離れ、行橋行きの
鹿児島本線最終電車に乗り、苅田駅(カリタではなくカンダ)のルートインホテルにチェックイン
12時過ぎの到着で、周りに何もないのでただ寝るだけ
明日のセミナーに備える

目的地の折尾まで
苅田駅〜小倉駅〜折尾駅 約1時間

久しぶりにこんな列車を見ました。
でも、まだまだ頑張ってるんだね

S__4210699.jpg

折尾駅からは、こんなカッコイイ特急ソニック号が出ています

S__4210723.jpg

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
歯科医ランキングにほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

学び続けることの意義。数時間後に迫った日本包括歯科臨床学会認定医制度について調べた [日本包括歯科臨床学会]

明日?今日?
認定医審査会だ

日本包括歯科臨床学会認定医審査会のために
北九州市小倉に来た。

明日は、筒井歯科医院にて審査会がある。
最後まで全力を尽くすこと!、諦めない!、やりきる!

(認定医の申請資格)
第6条
日本包括歯科臨床学会認定医を申請する者は、申請時に下記の各号全てに該当することを要する。
(1)歯科医師の免許を有すること。
持ってる持ってる
(2)3年以上継続して会員であること。
第一回の総会から参加してますよ!!次で第8回です。
(3)本学会学術大会に3回以上、かつJACD例会および各支部咬合療法研究会例会に併せて3回以上参加していること。または認定医ポイントを100単位以上取得していること。
学会に7回参加 105ポイント JACD発表20ポイント参加5ポイント 咬合療法発表80ポイント例会参加10回 50ポイント・・・と十分
(4)JACD例会又は各支部咬合療法例会にて発表の経験があること。または本学会学術大会で発表(ポスター発表含む)の経験があること。
JACD例会、咬合療法例会発表あるぞ、あれ??学会発表してない!?ヤバい??
と思ったけど「または」だから大丈夫だよね
(5) 認定医審査会による認定医試験に合格していること。尚、日本包括歯科臨床学会学会誌への 投稿を経たものは認定医試験を免除する。
認定医審査会があるので、それに向けて頑張ってまとめ直してます!!

学会での発表の経験・・・ない。ヤバいまじか!?と一瞬思ったけど
「または」とあったので助かりました

あと数時間に迫った
日本包括歯科臨床学会認定医審査会
果たして結果やいかに・・・

カリエスやペリオの原因が昨今では、多因子性疾患と呼ばれるように様々な影響を受けてることがわかってきました。カリエスは脱灰と再石灰化が起きる環境が問題であり、ペリオもポケット内が嫌気性下にならないようにし、細菌が病原性を持たないようにすることにより歯周組織の安定が図れるとわかってきました。咬合も同じように、(態癖、下顎位、咬合面形態)に注意し、上下の歯の接触がお互いに問題が起きないような環境にすることが大事であることを認識しました。
包括歯科臨床を学び、崩壊の過程(原因と結果)と治癒の過程(目的と手段)から、各種問診・資料より崩壊の過程を読み解きカリエス・ペリオ・咬合のリスクファクターを踏まえ(個体差)リラックスした全身の中の下顎の位置を探して(Stomatology)咬合面形態を回復させる(Dentistry)ことが重要であることを痛感しました。数値も大事だと思うのですが、数値にとらわれない患者さんを見る目を養いこれからも日々の臨床の努力をします。

自分で行った仕事を自分で再評価し、さらに色々な先生方にチェックして指導を受け
全国の先生方に見てもらうなんて、こんなに素晴らしいことはないですよね。
受かるか受からないかは別にして、このように勉強をできる環境にいることに感謝です。

最近、患者さんが喜んでくれるのがよくわかります。
自分の診断、技術が上がっているのがわかります。
でも、まだまだ努力することによって、もっともっとたくさんの人を救えると考えています。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

3日目咬合療法アドバンスコース〜フォースと共にあらんことを・・今、この一瞬を生きる [日本包括歯科臨床学会]

IMG_4192.jpg

キーワード
フォース 今この一瞬を生きる 聞かぬは一生の恥

6月2日((日))
3日目 筒井塾咬合療法アドヴァンスセミナーに参加した。
筒井先生の実際の臨床を間近に触れることのできる方式のセミナーだ。
筒井臨床の根幹を体験し、臨床概念を手に入れることができる。

しかし!!そんなに簡単に手に入るものでもないことに気づく
浅はかな考えは簡単に見抜かれるのである。
来月に行われる咬合療法認定医試験を受験を考えていたのであるが
踏み出すことによって様々なご指摘を受ける。

まるで、マスターヨーダを訪れた際の若きルーク・スカイウォーカーのように
軽い気持ちを持っている部分を見抜かれていた
一つ一つの手技を丁寧に正確に行うことの重要性を説かれていた

一つ一つの言葉そのものに目を向けるのではなく、その目が一体何をみているのか?
何をしているのかそのものに目を向けるのではなく、どうしてそのことをしているのか?
ゴールそのものに目を向けるのではなく、なぜ?それをしているのか?

「今」
今、今何が起きているのか??
今ある現実に、目を向けることの重要性を痛感した。

今回、咬合療法アドバンスコースに参加し臨床の道理を学び、自分の進むべく道をもう一度再確認しようと思えた。今の私の知識・技術はまだまだであることが再確認できた。
ある程度仕事ができるようになってくると、出来ないことが恥ずかしいように思えてくるが

「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」自己研鑽には自己開示、ケースプレゼンテーションで恥を晒す
「この一瞬を生きる」先々に目を奪われることなく、患者さんの「今」に目を向け真摯に向き合う
「May the Force be with you」(フォースと共にあらんことを)フォースは、「力」であると共に「道理」でもある。自然科学の宇宙を支配する大きなエネルギーである。そして、必ず身を守るものでもある。力のコントロールだけと思われがちだが、宇宙を支配するエネルギーを操っているのが筒井先生なのである。


足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

臨床家としての心構え [日本包括歯科臨床学会]

歯科医師としての責務
存在意義
我々は、病気で困った患者さんのために存在しているのである

IMG_3717.jpg

勉強会でお世話になっている先生の歯科医院に飾られている額だ
奇しくも祖母が書いた手紙の時期と近似している[手(パー)]
私が高校生の頃だ(平成4年)職業は違えど、魂が同じだと感じる[耳]

ホームドクターとしての目標

一つ 咬合崩壊しない顎口腔系を育成する
  虫歯や歯周病、噛み合わせによってどんどん悪くなっていくような口の中にはしないこと。小さい頃から、予防を徹底していく。虫歯はもちろん、噛み合わせの異常により悪くなっていくような口の中にはしないように育成をしていく。いつまでも健康的な口の中を作り出せます。それが患者さんの喜びであります。

一つ 将来にわたる咬合崩壊を最大限起こさない治療を行うよう目指す
  歯は、一度削ってしまうと元には戻りません。抜いた歯は、一度抜いてしまったら元には戻りません。治療した歯が、永く永く使えるように丁寧に治療をします。それを地道に続けていくことが我々の使命です。結果として、噛み合わせが崩れなくなります。それが患者さんの喜びであります。

一つ 咬合崩壊を起こしている顎口腔系をどう再構築するか
  抜けてしまって、そのままになってしまった口の中や、虫歯や歯周病でボロボロになってしまうことが時にはあります。そのまま立て直しても崩れた状態での噛み合わせになってしまいます。そのように壊れてしまった口の中を、その人にとって最適な噛み合わせに戻すことが我々の使命であります。それが患者さんの喜びであることを確信しています。

一つ それをどうメインテナンスしていくか
 虫歯や歯周病に2度とかからないようにするためには、定期的なお手入れが必要になってきます。また、虫歯や歯周病にかからない口の中にはまっているのは、噛み合わせの問題です。噛み合わせをメインテナンスすることが今後必要になってきます。メインテナンスを続けていくと快適な口の中を作り上げます。それが患者さんの喜びです。

私が目指している歯科臨床がここにありました。
患者さんに真摯に向き合う、先生のケースを見るととてもじゃないがたどり着けない
そこに向かうために一歩づつ踏み出すことをしようと決めました
全てが患者さんのための努力であります[病院]

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
日本包括歯科臨床学会 ブログトップ