So-net無料ブログ作成

ロジカルシンキングの罠 [院長雑感]

ロジカルシンキングの罠にハマって、もがくことを多々経験していた・・・
自分の中にあった前提条件と相手の中にある前提条件の違いがロジックを破綻させる
そんな時は、ロジックを説明すればするほど怒りの感情が芽生えてくる。

わかってくれていないと感じる時ほど、そうなる
自分は「合理的」と言っている時ほど「不合理だ」笑
まず、ロジックの罠

1 他の人も事実やロジックを正しく理解しているはず
 そもそも、人は自分の理解したいように理解する前提を忘れがち。
相手が何を感じ何を考え、どうなっていたいのか?相手の価値基準を明確にしないことには、説明は全て無に帰す。

2 俺は間違ってない
 なんでだろうか?ロジックに考えれば考えるほど、ムキになる。「自分は間違ってない。」と思いがち。そもそも、自分の言っていることは全て間違っているかもしれない前提でもいいくらい。

3 ロジカルにものごとが進めば成功する
 効率的に進むが、それが果たして成功するかどうかはわからない。

以上のことから、ロジカルシンキングを使う前に考えることは
あくまでも、できるだけだれもが納得できる本質的な考え方を持って、お互いがお互いに、相手が対等に「自由」な存在であることを認め合うこと。承認をすること
いわゆる
「自由の相互承認」が前提になっていることをいつも考える。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

一票の格差 [院長雑感]

「聞くは、いっときの恥 聞かぬは一生の恥」

一票の格差

あれ?一票の格差ってなんだっけ?
恥ずかしながら調べてしまい、絶対忘れないように記事にしました笑

「主に国政選挙において有権者の投じる1票に生じた価値の大きさの違いのこと」
価値
1票は1票じゃないの??

東京13区 約50万人 鳥取1区 約25万人
1人の議員を当選させるのに票の格差が2倍になり
人数が少ない(25万人)選挙区における
「一票の価値」が
人数が多い(50万人)選挙区のものに比べ2倍の価値を持つことになる

つまり、鳥取の1票は東京の2票分に値することになる。

これが違憲であると問題になっている。
掘り下げていくと、一極集中を防ぐものになったり
色々出てくるようですが、ちょっと難しいのでこの辺でおしまい

専門外の情報には疎いので勉強します
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:健康