So-net無料ブログ作成

院内プチ改装 [院長雑感]

レントゲンサーバーの周りをプチ改装
床の色に合ってスッキリ
実は、完成後 コードが・・・一本行方不明
写真を撮っていたおかげでなんとか事なきを得ました。

デンタルレントゲン・パノラマ
ハードディスク
写真保存用ハードディスク
院内LANケーブル
プリンター
緊急発電機
色々な配線が混在し、外した際は
これらが元に戻るのか不安になりました・

IMG_4175.jpg

IMG_4174.jpg

IMG_4173.jpg

少し片付いていませんが、
スッキリ

こうなってくると、完全無線式が欲しい

IMG_4181.jpg

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com

求人募集ページに飛ぶ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

私たちの誓い/行動指針 [医院理念]

HPをリニューアルし、少しずつ改変を続けております

ソアビル歯科医院 スタッフ紹介

先日は、スタッフからのメッセージを更新し
新たに新しい写真を入れています。
なかなか全員が集合することがなく集合写真を撮るのが難しい・・・

スクリーンショット 2019-05-30 7.29.48.png

sealant008.png


チェアーサイド スライドショー.001.jpeg

行動指針を細分化し、具体的にどのようなことを心がけているかを現しました

ソアビル歯科医院の行動指針

 ・患者様の病状を正直にお伝えし、最善な医療を提供します
  
 私たちは、患者さんの口の健康を第一に考えています。不幸にも虫歯や、歯周病にかかってしまったり噛み合わせの不具合により問題を引き起こしていると判断した場合には、正確な検査結果を基に現在の状況を診断しています。現在の病状をできる限り正確に把握し、患者様にできる限りわかりやすくお伝えします。病状を回復できるよう今できる最大限の治療を行い、患者さんにとって最善な医療を提供します。
 
・ご案内時間を遵守できるよう心がけます

 私たちは、診療予約制を取らせていただいております。これは私たちがスムーズに診療を行う目的もありますが、最善の治療計画を組み、効果的に治療を進めるためには事前の準備と十分な治療時間が必要になってきます。患者さんのためにも最良の結果を出せるよう皆様のお時間を守ることによって治療成果を果たせると考えています。

 ・関わる全ての人に、幸せ溢れる快適な空間を創造します

 私たちが大事にしているのは、皆さんの笑顔です。心地よい空間を創り出すことによって少しでもリラックスした気分になって欲しいと思っております。また、患者さん、スタッフはもちろんのこと、歯科技工士さん、業者さんやスタッフの家族の幸せを願っています。

 ・患者様の立場になって考え、継続的に見守ります

私たちは、一人一人の意見を尊重することを大事にしております。永く歯を健康的に保ち見守るために、常に患者さんのことを大切に思いやる気持ちを持ち、一方的に説明するだけではなく、いかに相手に理解していただけるかを考え、相手の立場に立つことを心がけてています。永くお付き合いを続けていくための信頼関係を構築します。
 
 ・患者様に深い愛情を持って接し、お口の健康を守ります

私たちは、ヒトとヒトとの関わり合いを大切にしております。削って詰めておしまいではなく、その人とのお付き合いを大事にしながらお口の健康を守りたいと考えております。当医院のスタッフは、一人一人が深い愛情を持っています。常に皆様のお口の健康を第一に考え行動を行います。

 ・医療人としての知識・技術の向上及び成長を追求します

私たちは、知識と技術を持ち合わせ患者さん一人一人に合わせたスキルを身につけながら常に探究心をもち成長を追求しています。専門書だけではなく、社会学、行動心理学、経済学、様々な本を読むことにより知識を高め、読書感想文を3ヶ月に一度書くことや内容をシェアすることによりインプットだけではなく、アウトプットを行なっています。また、各種勉強会に参加することにより新しい歯科医療の知識を手に入れ、患者さんにも常に新しい考えや技術を提供しています。そして、何より大事なのが、新しい知識を入れアウトプットするだけではなく、自分の行なった治療の予防効果を再評価することを重要視しています。自分の行ったことが正しかったのか何か問題があり改善の余地があるのかを深く追求することを義務付けています。患者さんの大事な体の一部を預かっている以上、責任感を持ち自分が持てる力を100%発揮できるような状態を心がけております。最新の歯科医療の提供を目指し、日々努力を続けて参ります。

 ・徹底した衛生管理、安全性を提供します

器具の管理は徹底しております。滅菌できないものは使い捨て、オートクレーブやフタラール製剤を用いた滅菌・消毒を心がけております。患者さんだけではなく、スタッフにおける安全対策をとり、全ての人々に安全な歯科医療を提供します。

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ただいま、未来を建設中〜工事現場 ほんトダ 戸田建設のHPを見て [歯科]

ただいま未来を建設中

ほんトダ!
戸田建設が立てている建物には面白い細工がしてあった。

IMG_4135 2.jpeg

IMG_4132.jpg

戸田建設は、ドラえもんを説明キャラクターに任命したようだ

img_dora_new.png

ちょっと窓枠をも沿いてみると・・・[グッド(上向き矢印)]

ジャーン!![ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
IMG_4134.jpg

[ひらめき]
戸田建設に興味を持ったので、HPに行ってみる。
すると
戸田建設のHPをのぞくと合言葉の「ほんトダ!」が目に入る。
クリックをしてみると
戸田建設の創り出したい「理念」が語られている

そして
戸田建設のことを知っていただきたい思いから
社員の思い、独自の技術を紹介するような流れになっている
「ほんトダ!プロジェクト」
技術とソリューション(業務上の問題点や課題を解決するための手段。 また、そのために導入される情報システム全般のこと)
用途から〜
課題から〜
技術から〜
探せるような作りになっている

用途から探す〜
医療・福祉施設をクリック
すると・・・戸田の医療福祉への取り組み、地域に愛される病院作り、職員に愛される病院作り、経営に優しい病院作り、建設事業の進め方、さらに
建設事業の進め方を見ていくとフローチャートが出来上がっている。

ものすごいシステムちっくなホームページの作りに若干感動した。
最近のホームページはものすごく考えられて作られているんだなあと感動しました。
ソアビル歯科医院のHPも、そう行った観点から作ってみよう。

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

灼熱の運動会〜冷や汗・・涼しい運動会に [歯科]

IMG_3591.jpg

各地で暑さが猛威を振るっている。
つまり猛暑だ。
北海道の佐呂間では5月の日本新記録39度を達成した。

どうした、日本。
足立区の5月の平均的な最高気温は23度
昨日はなんと33度である。

初夏の運動会。本来は23度気分。
真夏の運動会に変わる、10度の温度差はきついっす。。
暑さ対策に半袖を着たら日焼けに悩まされる。
着ても地獄、脱いでも地獄

昨日の運動会を日なたで乗り切れることができれば、これからどんな運動会でも乗り切れる。
頑張れ、児童、学校関係者、保護者。
来週、再来週と開催される運動会の関係者にエールを送る!!

頑張れ、みんな!!

そして昨今の小学校は、危機管理意識が高い。
熱中症対策の霧吹き
近くの幼稚園から借りてきたテント(学校にあるテントより断然キレイ!!)
どっちかというと日影がない保護者席の方が危険だ笑

ゼッケンの名前はすべて背中!!(SNS対策なんでしょう。写真を処理して気づきました!!名前と顔が一致しなくて処理に助かる!!!画期的だなと!感動しました!!!)

久しぶりに一眼レフカメラを引き出してきた。
10年前では考えられない構図の写真。
今はスマホが便利なので、ほとんど使う機会も減った。
前回の撮影したものを確認すると、

なんと

なんと

昨年の運動会・・・
1年間押し入れで眠っていた。

しかし、ここ一番!!ってときの「一眼レフ」頼りになります。
レンズは、絞り値Fは2、8〜22まで変更できるEF-S17-55mm F2.8 IS USM

高速連射が可能なキャノン7D(もうすでに10年経っているので機種の古さは否めない)

IMG_4130.jpg


そうだ。暑すぎて肝心の運動会のことをすっかり忘れていた。
今年で小学校最後の運動会。娘は、勉強はそこそこだけど
運動の方がどうやら向いているらしい。

緊張感あふれる100m走
スタート順が1番組、タイムが近いメンバーで構成されているようだ。
いつも練習では最下位と言っていた。期待せずに観戦していた。
これもなるべく順位に差がつきすぎないような配慮だ。接戦の末3位
最後まで全力で走る姿に、頑張っているなあ〜とつくづく。

1年生のかけっこの順位係のお手伝いをしている姿は、6年間の成長を垣間見れました。
うん、うん 頑張ってるなあ〜
ちょっと、勝手な動きをしている際に同級生から
声をかけられている姿を見て、微笑ましく思えました。
(もっと、周りを見ろよ・・心の叫び)

IMG_3635.jpg

走れ引っ張れ・・・5、6年生綱引きとかけっこの融合
なぜだかわからないが白組が圧倒的に強い。
何か戦略を練ってきたように感じる。まあ、どうでもいいか

表現
昨今は、組体操の高度化に伴う怪我が懸念され
表現という形でみんなの一体感を作り上げるものに変わってきている。
写真を撮っていると、写真に追われ全体を見失う。

適度に娘の写真は撮るものの、ライブ感を大事に娘だけではなく
児童一人一人の動きに注目した。
6年生の一人一人の思いを表現に託している姿が印象的で、非常に感動的なフィナーレを迎えた。

高学年リレー
昨年は、バトンを落とした・・
今年はどうだろうか・・・
みている方が緊張する

14番のゼッケンがアンカーだが、娘は13番走者だあ
めちゃくちゃプレッシャーかかる走者じゃん!!
12〜からの〜13〜からの〜14アンカー

おお、これは大事な大事な位置じゃないか
走者が近づくに連れて1、2位トップ争いをしているではないか、むしろ圧倒的に4位とかの方が安心するのではないか。
12番走者がトップでバトンを受けると
13番の娘はあたふたしながらバトンパスを受ける。
後ろ組みがスムースにバトン受けをしたことによって抜かされてしまったが
失格もなく、さらに抜かされることなく
なんとかうまく2位でゴールイン

最後の最後でこんなにヒヤヒヤさせるなんて!
いつの間にか灼熱の運動会が「冷や汗の運動会」に変わっていた。
斯くして、小学校最後の運動会は幕を閉じるのであった。

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

弱さを守る 強化ガラスの特徴に唸る [院長雑感]


めちゃくちゃ叩いても割れない
どんな温度にも耐える
弱点は全く見当たらない、最強のガラス

しかし!!
強化ガラスの側面は弱い
でんじろう先生の番組で衝撃の実験をしていた。
めっちゃくちゃ強かった強化ガラスがいとも簡単に割れた。
そのギャップに驚いた。

番組構成は、こうだ
まず、
1、強化ガラスのすごさをアピール(あらゆる実験をした)
 すげー[グッド(上向き矢印)]
2、弱点を見せる(なぜ弱いのか分析)
 えーーーー[がく~(落胆した顔)]
3、そこを守るためにはどうしたら良いか
 なるほど![ひらめき]

枠を
以下はユーチューブで拾ってきた動画を切り抜いたものです
スクリーンショット 2019-05-27 7.17.27.png

スクリーンショット 2019-05-27 7.17.09.png

そのため強化ガラスには枠が必要なのです

余談ですが
ネットで検索した際に
でんじろう先生ではなく、知らないおじさんが出てきました
「ぜんじろう」だったのです。
先日ネット上で見かけていた爆笑問題の太田とバトったのは、「ぜんじろう」だったんですね

思い込みって怖いもので
てっきり、でんじろう先生と太田光が揉めているものだと錯覚していました。
その時は、それほど気にしておらず

あの先生もそういうことがあるんだな〜くらいに思ってたけど
全然の別人だったんですね。
何人か私と同じ、思い違いしている方もいるようでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

強さは弱さ [休日]

強化ガラスは、側面から衝撃を与えると一瞬で割れる
強さは弱さ
それをカバーする存在が必要。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

低侵襲・高効率の歯周治療を目指す。第62回春季日本歯周病学会に参加して [日本歯周病学会]

「低侵襲・高効率の歯周治療を目指す」
そこに必要なのは、「やらない」ことや「効率をよく」ではなく

病態診断から個人に合ったオーダーメイドの診断が必要である。
つまり、歯周病の病因論を最新の情報にアップデート
個人個人のリスク評価を行うことによって真のオーダーメイド治療を目指せる


今日の驚き・喜び
1、声をかけてくださる方の多さ
 顔見知りの方からお声をかけていただき、びっくり。
 色々な役員を始めたら、皆様から声がかかることが多くなりました。
 今までひっそり参加していたので嬉しびっくりです

2、自分の症例の見方の認識の変化
 ポスター発表を見ながら、自分なりの見方ができるようになってきました。
 題名と、そのケースの特徴と、問題点。そして、それに対してどんなことをして、どんなことで評価したのか?その結果、現在どうなっているのか_?を見れるようになった気がしました。ポスターを見るのが楽しくなってきたし、勉強になります。

3、スタッフとの学会参加
IMG_4117.jpg
本格的なスタッフ参加は、これが初めて
歯周病学会認定衛生士を取るべく、まず一歩目を踏み出した。

4、認定医・専門医教育講演
IMG_4120.jpg

長谷川先生の歯周病認定医・専門医教育講演は圧巻だった。
イチ開業医として日本歯周病学会という権威のある学会の場に立てるというのは
ご本人としても感動も一入だったのではないでしょうか???
いつもよりも情熱が入っていたような気もします。

現在の歯科医療に対しての提言には非常に熱がこもっていたように感じました。
会場の雰囲気からもそれを感じた。提言そのものよりも「長谷川嘉昭」という人間に引き込まれているのをヒシヒシと感じ取った。
なにせ、歯周病認定医・専門医・指導医 そしてそれを目指す人たちの前での講演ですから一般聴衆とは意味が違う、日本のペリオのスペシャリスト達の前での「教育講演」なのである。

まず、その提言は
「歯周治療における臨床検査の重要性」

「見えなかったものを」「見える化」をしようとのことだった
歯周病検査は、「ポケット」「BOP」「骨吸収」などの病態診断が主である。
リスク評価の判定を見える化したいという先駆者だ

と、その前に

思い込みからの脱却
自分が行ってきたことを振り返ってみると思い込みからの思考をしてしまうことがあり失敗をしている
そもそも
「疑え」
科学の鉄則である
今、この話すらも疑ってかかれ



医科歯科連携を取る際に医科の先生との歯周疾患に対する指標があまりにもないことが問題提起されていた。BOP,ポケットの深さも定量ではないし、レントゲンも・・・歯周病という病気が起こした結果に過ぎない・・つまり病態検査であるということ。これからはそれだけではなく、病因をいかに把握するか大事である。まず今の所、PISA PESAを取り入れ
「歯周病の炎症度を示す、医科歯科連携、お医者さんへの歯周病の炎症の程度をしらせる共通言語としよう」

平成の歯科医療は、かめるようにすることだ!
しかし
これから令和の歯科医療は病因を調べ真のオーダーメイド治療をしよう!と

病態検査である歯周ポケット検査やレントゲンだけではなく、血液検査で細菌検査、血糖値、血清抗体価、マイクロCRPなどを把握すべきである。
病因をいかに具体化、数字化するか、そこが大事だ

これは、自分のケースを交え
炎症マーカーを調べそれを実際の病態検査に当てはめた上で治療計画を立てることによって、より効率の良い治療結果を得ることができる。
例えば、歯周基本治療が本当に必要なのかどうか、、はたまた必要じゃなく早期の介入が必要なのか?
「守破離」を思い出した。
きっと
若い臨床医にとっては、何より道標が必要だ。学校を出て右も左も分からない、学校の卒業試験、国家試験数値化され点数で評価を受ける。
卒業してからもある一定の基準を元に治療を始める。当然、数値化が重要だ。
それを守り続けることが臨床の第一歩である。
しかし、経験を積んでくると
そうでもないことに遭遇する。
あれ?思ったようにしてもうまくいかない。
見えないものを見る力の発現である。数値では現れない何か。もしくは「思い込み」がそこには現れる。
疑いの目を持つことである。「本当なのか」
そこを破っていくことが大事なのではないかと。
それがこれからの臨床を担っていく人たちに必要な目なんだろうなあと。

話は脱線してしまったが

長谷川先生自身も
過去のケースを振り返り「思い込みへの脱却」「思い込み」に釘を刺していた。
25歳妊娠中の女性がやってきた。歯茎も腫れ検査をしてみると4〜6mm
レントゲンも取ることは躊躇される。「いつもの妊娠性の歯肉炎だろう」と高を括る
数ヶ月後も当然数値は変わらずである。
当然出産したら忙しくなるのが母の常である。
数年後・・・訪れてみると___
歯茎も当然腫れているが、歯も位置移動を起こしオープンバイトを示している
レントゲンを撮ってみると水平的な骨吸収が見られる_・・・
急いで歯周治療の開始である。

数年前、いつもの妊娠性の歯肉炎と侮らず炎症マーカーの試験をして「これだけのリスクがある」とお伝えできたら、きっと結果も違っただろうとの見解でした。臨床に真摯に向き合う長谷川先生の言葉が胸に刺さる。

このような経験を経て、リスク評価の重要性を説いていた。

さらに、全身状態との関連性を比較しながら
何十年も前に片山先生が翻訳したゴールドマンとコーエンが提言していた
歯周疾患の「炎症(inflammation)」「組織異営養症(dystrophy)」
(異営養症は片山先生の訳らしい 食品栄養と組織営養に使い分けている
しかも、ジストロフィーと発音するのかな ディストロフィーと言ってたけど。ジストロフィーしかネット検索でてこないから探すのめんどい
講演中もデブライドメントとデブリードマンの発音違い、まあどちらでも良いのかもしれないが)
(*ジストロフィー(dystrophy)栄養障害。また、細胞や組織の物質代謝障害によって変性・萎縮などの起こること。いわゆる咬合性外傷だ!。組織に過度な圧迫がかかることにより、循環障害を起こし変性萎縮を起こす。頬側の薄い骨が外傷力を受けることにより、循環障害を起こし壊死する。あくまで歯周病ではないが歯周組織を破壊していくことになりかねない。科学的な根拠はないけども、臨床的にはあり得る出来事。咬合にエビデンスを求めることはできないというのは、物がぶつかることを病気に認定できないと言っていることと一緒だ。でも、それなしでは臨床は語れない。なるほど、よくわかってきた。自己納得 しかし、私がここで言うには薄い!書ける内容が薄すぎる!もっと、知識を深め、理論を構築し、考察し、反芻し、じっくりと煮詰めていかないと・・・ただの便所の落書きになってしまう笑講演について書き出したはいいけど、話が深すぎて、私の中身が薄すぎて乖離に困る)
とに分類し

現在のところ
歯周疾患の相関関係の仮説として
炎症
1、歯周病原細菌 
2、口腔常在菌
Dystrophy
3、咬合性外傷・解剖
4、退行性病変・免疫
に分け、リスク評価としての血液検査が必要である
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

第62回春季日本歯周病学会 in 横浜 [診療案内]

このブログをご覧いただいた
当医院のかんじゃさんへ休診のお知らせ

本日 令和元年5月25日土曜日
誠に申し訳ありませんが
第62回春季日本歯周病学会に参加するため休診とさせていただきます

poster.jpg

今回のテーマは「低侵襲・高効率の歯周治療」

テーマを設定するって大事だなあ。受ける印象がだいぶ変わってくる
京都大会では「歯周病を撲滅に向けて!〜伝統と革新〜」
東京大会「歯周病治療がもたらすQOL向上」
新潟大会「良質な超高齢社会を迎えるための歯周管理」

最近は守りのテーマだったのが、今回は、攻めている感じもする
攻めてるのか・・・守っているのか・・・
攻めながら、守っているのか!!

そういえば・・

イメージ戦略と言うのでしょうか

昨今、医療広告の制限がかかりました。
特にインターネット上の治療比較、患者の声・・・等々
色々規制がかかりました。

より正確な情報であれば良いのでしょうが・・・
誇大な広告があまりにも多くて、トラブルになっているのでしょう。
私たち専門家の目から見ても素晴らしいホームページは、素晴らしいです。
一瞬で目を奪われます!!
でも、あれ?よく見てみると
う〜ん・・・ちょっと違うなあって思うことが多々あります。
あ、この先生は信頼に値するお会いしたい先生だなあとか
多分この先生は、間違いないだろうなあとか
なんとなくわかってくるようになってきました。

できるからやっているのでしょうが
ここは、敢えて

できないからやらないのではなく
できるけどやらない
知らないからやらないのではなく
知っているけどやらない

広告にならない!!

低侵襲で高効率な治療ができるけど、
セルフケアやメインテナンスで維持してもらえるよう
やらなくていいような関わり合いができる歯科医師になりたいです。

コンセプト
「できないからやらない歯科医師」「できるけど、やらない歯科医師」

広告からすると逆になるのでしょうか

私は治しません!!みたいな
よく読んでいくと、原因を追求し一緒により良い健康を目指しましょう
真の口腔の健康を手に入れるために!真の歯科医療をお伝えします!みたいな・・・
だって、表面的にってやってほしい人より、本当のことを知りたい人を相手にした方がやりがいがあるような気がして・・・

「低侵襲で効率よく  削らない、抜かない、歯を残せる歯科医師を目指す」
ということで、そういう目線を持って
今日の学会に参加しよう。

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

踏み出す勇気〜アウトプット〜 [歯科]

「踏み出す勇気」
あ、そういうことか[ひらめき]
自分のやったことを振り返り、調べる(みんなの言葉が蘇ってくる)、理解する、そして再び実行する
IMG_4098 2.jpg

昨日も八重洲北口貸し会議室ルノワールにやってきた。
三日連続で診療後に都心方面にやってきた。
最終日は、代生会だった[ダッシュ(走り出すさま)]

IMG_0224.jpg
代生会のコンセプトは簡単[わーい(嬉しい顔)]
「ケースプレゼンテーションができるようになろう会」
こんな人向け
勉強の仕方は、セミナー受講中心、本を読むこと中心[たらーっ(汗)]
勉強していて知識はあるんだけど説明が苦手、うまく表現できない人[あせあせ(飛び散る汗)]
やらなくっちゃいけないけど、今更・・・ケースプレゼンテーションをして人前で恥ずかしい思いをしたくない人[もうやだ~(悲しい顔)]

あ、これ私でした。[ふらふら]

今は、若手やある程度臨床経験があり、勉強始めるのは・・今更、感のある人たち
でも、そこで踏み出す勇気さえあれば成長します。
昨日は、それを実感できた1日でした[ぴかぴか(新しい)]

キーワードは、
「インプット〜アウトプット」
「口腔内写真、レントゲン写真などの資料をきれいにとる」
「なんでもいいから、人前に出す」
「今日の失敗は、明日の成功」

実体験が大事。人は経験したことでしか学べない
愚者は自らの経験に学び,賢者は他人の経験から学ぶ
とはいうものの、これも失敗したから気づくのであって
そもそも、失敗しないよう失敗しないように生きることは大きな失敗もなければ、本質にはたどりつけない気がしている。だから、失敗していいようなことで失敗し、そこから学び取れるプロセスを大事にしたい。日々の仕事では、失敗は禁物である。もちろん100%の結果を出そうと努力をする。
しかし、これでいいのかなあという疑問もつきまとう。

だからこそ、写真一枚を元にでも構わない。自分の考えを求めた発表でも構わない

まずやってみる、

気づき(事実を振り返る)

新しい一歩『そして、どうしますか?』

口腔内写真を撮って見る
みんなの前で発表し、事実を振り返る
そして、どうするか!!(たいていは言われたことを次の時に改善してくる)

ここから、自分の中に生まれてくる踏み出す一歩がさらなる結果を生み出し、
また新しい一歩が踏み出す。
もちろん一人で立ち上がるためには、時には支えも必要だ。

昨日は、私を含め数人の発表だった。
少しずつの成長を感じさせた発表だった。写真の質が上がった、そういうレベルではあるが
実際、そういうことの積み重ねなんだと思う。

もちろん個々の発表レベルの差はある。
私も、数年前までは人前で発表することなどなく、どうしたら良いのかわからず
知識はあるけど今更感があった。だけど、恥を偲び色々とかけずり回った。

多分、みんな同じ思いなんだと思う。そこに踏み出すことができれば世界が広がり見え方が変わる。
発言したことのないスタッフ、写真を撮ったことない先生、発表したことない先生、
それぞれがそれぞれの成長を見せた1日だった。

踏み出す勇気
代生会は、新しい世界にチャレンジしたい先生方を応援します。
口腔内写真ってどう撮ったらいいんだろう
症例発表の仕方がわからない
そんな悩みにお答えします。

勉強会に参加るする。
それも踏み出す勇気である

あ、窓口がなかった・・・[がく~(落胆した顔)]

IMG_4096.jpg

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

歯周病から歯を守るために〜臨床歯周病学会委員会〜 [臨床歯周病学会]

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。
引用 日本臨床歯周病学会HPより
about_01.gif

歯周病を治すためには、ばい菌を減らすことが重要です。

細菌の停滞や環境が罹患度を高め、細菌の毒性や個人の免疫応答が進行度を高めます
回復力も個体差・個人差がありそれを見極める必要があります。
実は、歯周病そのものは恐れる必要はなく80〜90%の人たちは、日々のセルフケアと定期検診により維持が可能です。

しかしながら1割くらいの中には、残念ながら進行してしまったり、もともと進行しやすいタイプの方がいるのも事実です。そういう方々の歯を救うためにも、我々は常に学び続けたい。

昨日は日本臨床歯周病学会関東支部の役員会があった。

8月25日に行われる支部教育研修会の打ち合わせ
今後、6月22、23日北海道で行われる年次大会発表者の準備が繰り広げられた
口演、ポスター発表は再生療法に対する考察、歯の移植、アムロジピンを服用している
信州からきた先生による侵襲性歯周炎に対する歯周基本治療などなど

歯周病から歯を守るために、様々な先生が色々なことを考え結果を出している。

g37.jpg

歯考会から安藤先生が発表者として選出され精力的に活動していました。
前日の歯考会からの〜倉田塾での発表からの〜JACP
臨床のコンセプトが違うところでの発表は、飛んでくる意見の違いに彼も相当戸惑っているようで
終わった際は、疲労困憊だった。

安藤先生お疲れさま!
でも、本番はこれからだね
IMG_4092.jpg


IMG_4091.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

行動指針〜知識・技術の向上 [ソアビル歯科 行動指針]

行動指針シリーズ 
・医療人としての知識・技術の向上及び成長を追求します

 「ケースプレゼンテーションで傷つくのは、自分のプライドだけ」
 今日のケースプレゼンテーションでの学びだ。

 自分が行った治療により、患者さんは治る。しかし、もっと良くなる方法があったのでは?自分の治療に妥当性はあったのか?今日より明日のために。我々は自分が行った治療を振り返る。
 他者の意見を受け、自問自答する。

 知識をつけてインプットするだけ、技術を身につけるだけでは真の医療は成り立たない
 知識や技術のアウトプットが必要だ。
 今日から、また真摯に患者さんに向き合い、少しでも貢献したい。

「患者さんは唯一無二の存在だ。人は唯一無二の存在である」
日々の診療、日々の触れ合いの中で似たようなことには遭遇するかもしれないが、全く同じということはあり得ない。その人の身体的な特徴、生活背景、心理的状態に左右され自ずと結果が変わってくる。
 昨今は、インターネットの発達、ビッグデータ、AIの躍進により情報量が莫大に増えた。しかし、実際操るのは人間であり、いくら機械の性能が上がっても何かしらのトラブルに巻き込まれるのは、人が介入しているからだ。考えることをやめた時、人の行なった行為というものは作業になりミスを招く元になる。
 我々の責務は、自身の知識・技術をアップグレードしていくことにより数々の症例をこなし、スキルを上げていくことである。振り返ることのできる客観データを元に自己評価し、明日への治療に生かすことが求められている。
 患者さんの幸せのためにも、我々は知識・技術の向上を目指し、成長を追求していくことを約束します。
2019.5歯考会.001.jpeg

昨日は、月に一度のスタディーグループ歯考会の月例会での発表だった。
今回で6回目の発表だ

2013年に入会し
第1回目の発表が2014年、初めてのケースプレゼンテーションだった。
当初は、皆の前で発表することができたらいいなあという気持ちで参加していた。
次第にそれは大きな間違いであったことに気づく。

自分が行ったことの正当性を問われる。
仮説を立てて、検証をする。日々の臨床の中で科学的に思考を組み立てることは容易ではない。
より正確な資料を元に治療を再評価していく。

さて、今年で6回目の発表だ。
今までは、ケース作りを先輩や友人に手伝ってもらったりしていたが、
今回は誰の手も借りずに、挑戦した。

結果は、様々なご意見を頂戴し、学びを得た。
歯考会は、歯周病専門医・指導医の先生が集まる。
あえて、歯周病のテーマを持ってきたが、案の定の結果になった。

様々な意見をいただけた。
厳しいご意見もいただけた。
どこをどのようにしたら、成長できるかがよくわかった!

自分自身の不甲斐なさに若干落ち込んだが、自分に何が足りないかがわかれば
あとはそれをやるだけだ。

明日からまた、進んでいくだけだ
長嶋茂雄も金田正一に4三振を食らった

悩んでいる暇はない。
進んでいこう。

今回の発表での学び
自己開示の重要性 
全力で行うこと 
やれることはやる 
紙面で失敗しても傷つくのは自分のプライドだけ

治療を行なっていく上での妥当性・クライテリア・ディシジョンツリー

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

関東地方の大雨は寒冷前線の影響 [院長雑感]

久しぶりのまとまった雨

どうやらシベリア方面の低気圧からの寒冷前線が日本列島にのびているらしい。
これにより、前線に向かって湿った空気が流れ込んでいるため、前線付近で大気の状態が不安定になり雨雲が発達するようだ。前線は、きょう日中に関東地方に接近、通過する見込みで、関東はこれから雨が本格化するみたい。

この発達した積乱雲の影響により、一部では落雷や突風、ひょうが降る可能性もあるようです。
台風の頃よりは、まだ大丈夫そうですが
河川の増水、氾濫に十分に注意し
外に出たりする際は注意が必要ですね。

今日は無理のない予定を。
当院を予約してこれを読んでくださった方。
様子がおかしい場合は、無理をせずキャンセルなさってください。

201611240245_box_img1_A.png

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

中華一龍 保木間のラーメン屋さん [飲食店]

IMG_4077.jpgIMG_4074.jpg

86歳現役のマスター
私がソアビル歯科に来たのが16年前だから・・・
70歳か。
あの頃から16年も現役を続けているなんて、すごい。

オススメは大体全部
昔ながらの醤油ラーメン
あんかけ系の広東麺

肉野菜炒め オムライス 中華丼
たまにカツ丼

焼きそばも食べ応えがある

まだまだ元気で続けて欲しい

足立区竹ノ塚ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

有田会ゴルフコンペ [休日]

IMG_4041.jpgIMG_4038.jpg

2019.5.16
有田会ゴルフコンペに参加してきました。
千葉カントリークラブ 野田コース
記録は56の64 120でした

普段はほとんどゴルフをしないので、
時折行くゴルフはなかなかハードだ。
最近は、カートを愛用している。

これでも、バーディーが出ているんですよ

鈴木ゴルフあるある

「やれば上手くなる」

少なくともドライバーは買う


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

臨床家としての心構え [日本包括歯科臨床学会]

歯科医師としての責務
存在意義
我々は、病気で困った患者さんのために存在しているのである

IMG_3717.jpg

勉強会でお世話になっている先生の歯科医院に飾られている額だ
奇しくも祖母が書いた手紙の時期と近似している[手(パー)]
私が高校生の頃だ(平成4年)職業は違えど、魂が同じだと感じる[耳]

ホームドクターとしての目標

一つ 咬合崩壊しない顎口腔系を育成する
  虫歯や歯周病、噛み合わせによってどんどん悪くなっていくような口の中にはしないこと。小さい頃から、予防を徹底していく。虫歯はもちろん、噛み合わせの異常により悪くなっていくような口の中にはしないように育成をしていく。いつまでも健康的な口の中を作り出せます。それが患者さんの喜びであります。

一つ 将来にわたる咬合崩壊を最大限起こさない治療を行うよう目指す
  歯は、一度削ってしまうと元には戻りません。抜いた歯は、一度抜いてしまったら元には戻りません。治療した歯が、永く永く使えるように丁寧に治療をします。それを地道に続けていくことが我々の使命です。結果として、噛み合わせが崩れなくなります。それが患者さんの喜びであります。

一つ 咬合崩壊を起こしている顎口腔系をどう再構築するか
  抜けてしまって、そのままになってしまった口の中や、虫歯や歯周病でボロボロになってしまうことが時にはあります。そのまま立て直しても崩れた状態での噛み合わせになってしまいます。そのように壊れてしまった口の中を、その人にとって最適な噛み合わせに戻すことが我々の使命であります。それが患者さんの喜びであることを確信しています。

一つ それをどうメインテナンスしていくか
 虫歯や歯周病に2度とかからないようにするためには、定期的なお手入れが必要になってきます。また、虫歯や歯周病にかからない口の中にはまっているのは、噛み合わせの問題です。噛み合わせをメインテナンスすることが今後必要になってきます。メインテナンスを続けていくと快適な口の中を作り上げます。それが患者さんの喜びです。

私が目指している歯科臨床がここにありました。
患者さんに真摯に向き合う、先生のケースを見るととてもじゃないがたどり着けない
そこに向かうために一歩づつ踏み出すことをしようと決めました
全てが患者さんのための努力であります[病院]

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

快適な空間・空気感はスタッフのまごころによって創られる [ソアビル歯科 行動指針]

・関わる全ての人に、幸せ溢れる快適な空間を創造します

 私たちが大事にしているのは、皆さんの笑顔です。心地よい空間を創り出すことによって少しでもリラックスした気分になって欲しいと思っております。また、患者さん、スタッフはもちろんのこと、歯科技工士さん、業者さんやスタッフの家族の幸せを願っています。
 
 快適な空間における空気感を創るのは一人一人の存在感です。
見る・聞く・匂う・感じる・味わう 5感をフルに感じること
季節感・温度・

 空間作りに関して明確な決まりごとはなく、スタッフが自由に自分達の想いのもとで表現しています。もし、創作物に興味があったら声をかけていただけると嬉しいです。スタッフも励みになります。

 先日も、プレゼント用の折り紙がなくなってしまい折り方を知りたいとリクエストをいただきました。すぐに対応できなく大変申し訳なく思いました。興味を持ってくださることで医院とのふれあいが増えみなさんの心の癒しになればと思います。

スタッフの小池さんからのメッセージ(再喝)2019.5
「歯科に来た緊張感が会計の時にふと目にした折り紙でちょっとほっこりして帰って貰えたらなぁと思っています。
そして、家に帰った時、また目にした時にソアビル歯科を思い出して貰うきっかけになったら嬉しいなと思います。

季節に合わせて その時々に合わせて テーマを持って折っています。
前回は、新学期・新生活をイメージして、”新しい生活に幸せを運んでくる鳥”でした。
嘴には幸せの四つ葉のクローバーを咥えていました。

今回は 父の日に合わせて 日頃の感謝を込めてという事で、バラの花です。
毎回 どんなものにしようかと悩みますが、折り紙を楽しみにしていますと言ってくださる方もいらっしゃるので、楽しく折っています!」


IMG_4047 2.jpg
IMG_4048.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

写りの悪いレントゲンを見るのは、曇っているメガネをかけるようなものだ 行動指針1 [ソアビル歯科 行動指針]

我々が写りの悪いレントゲンを撮影するということは
「曇ったメガネをかけていること同じである」

X線写真 .001.jpeg

正確な診断を行うためには、正確な資料が必要です。
ソアビル歯科医院 行動指針
 患者様の病状を正直にお伝えし、最善な医療を提供します

 私たちは、患者さんの口の健康を第一に考えています。不幸にも虫歯や、歯周病にかかってしまったり噛み合わせの不具合により問題を引き起こしていると判断した場合には、正確な検査結果が必要です。 現在の病状をできる限り正確に把握し、患者様にできる限りわかりやすくお伝えします。病状を回復できるよう今できる最大限の治療を行い、患者さんにとって最善な医療を提供します。
 
検査資料は、患者さんにとって最も大事な資料の一つです
行動指針にもあるように、正確に病状を把握するためにも正確な資料が必要になってきます。

ご自身の写真を撮ることにより、自分のことを知っていただく
治療の変化を見ていただくことにより、気持ちの手助けをする
初診時、再評価時、治療終了時、メインテナンス時に記録を取ることにより
自分自身の治療を振り返り、研鑽を積むこともできます。
結果として、患者さんのためになっていると感じます

すずk.001.jpeg

すずk.002.jpeg


レントゲン写真は、表面から見えない虫歯の診断を行います。
正確な位置付け、綺麗なレントゲン像を表現することにより、少ない画像の中でたくさんの情報を得ることができます
また正確に常に一定の位置づけを取り続けることにより、変化を見逃すことなくメインテナンスをしていきます
すずk.004.jpeg

すずk.003.jpeg

ちなみに、これは私の資料です


ソアビル歯科 フローチャート資料.001.jpeg
足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

スタッフ紹介4 [スタッフ紹介]

歯科衛生士 駒村
埼玉県出身 大宮歯科衛生士専門学校卒業
2012年からソアビル歯科医院に勤務
趣味はアウトドア

5.002.jpeg
メッセージ
 父親が歯科医師ですので、小さい頃から実家の医院に遊びに行く機会が多く、医療従事者として人の役に立つ仕事がしたいと感じていました。将来的に父の医院で働くかもしれませんが、まずは外に出て、研鑽を積むために当院に入りました。
 仕事で最も大変だと感じるのは、患者さんとのコミュニケーションです、患者さんの本当の気持ちを読み取るのに時間がかかったり、口数の少ない人は本当はどう思っているのかを探るのが難しいと感じます。日常会話を通じて距離を縮め、「どのようなお口になると良いと思いますか」と将来的なイメージをお聞きして、患者さんの本当の気持ちを受け止められるようにしています。
 やりがいを感じるのは、患者さんの意欲が出てきて、歯肉に変化が起きたときで、患者さんに喜んでもらえるとうれしくなります。大事にしていることは、自分目線ではなく、相手目線で考えることです。こちらが話したことが本当に伝わっているかを常に確認し、不十分であればもう一度説明したり、「ちょっとわかりにくかったですか?」と投げかけています
 院長は松岡修造みたいな熱い方です、そのうえで全ての行動や指示には理由があり、意図があることを丁寧に説明してくださり、歯科だけではなく人生の勉強にもなります。今後も、患者さんを治せるようさらに学んでいきたいです。
足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

明るい未来へ向かうために〜自分が源泉のオススメ〜 [スタッフ紹介]

全ての結果は自分で創り出すことができる by鈴木博

悩んで悩んで苦しみながら手に入れたものにこそ本当の輝きが待っている
下記の項目を達成させるためには
自己肯定感、そして環境(サポートしてもらえる)も必要だと考えますが、
個人の資質も関係してきます。

うちのスタッフに求められるのは

1、常に人間的成長を求め続ける
2、自分の仕事に自信とプライドを持っている
3、他人の幸せに役たちたいと思ってる
4、良い自己訓練を習慣化している
5、失敗も成功につなげようとする
6、今、ここに100%全力投球
7、自己投資を続ける
8、どんなことでも信じて行動する
9、できる方法を考え見つけようとする
10、可能性に挑戦し続ける

でも、ついつい下記のようになっちゃうんだよなー
楽をしようとするとこうなるかも
過去の失敗も以下のことに当てはまる・・・

1、現状に甘える
2、愚痴っぽく言い訳ばかり
3、目標が漠然としている
4、自分が傷つくことは回避
5、失敗を恐れて何もしない
6、どんどん引き延ばす
7、途中で投げ出す
8、時間を主体的に造らない
9、できない理由が先に出る
10、不可能だ、無理だと考える

上段と下段
どちらで行くかの自分の決断は、自分でできる。
明るい未来が待っているのは一目瞭然である。

しかし!!
人間だから、プラス方向にもマイナス方向にも行くことがある
いつも、プラス方向に行けたらいいけど
自分の体調や、取り巻く環境、精神状態に左右されてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、私たちができることは
相手の立場に立つことです。
もしも、マイナス方向に進んでいそうであれば
どんなことに不安を感じ、思い悩んでいるのかをサポートする

誰が見ても上の文面に立てることが望ましいけど
時には、ちょっと逃げ出したいこともあるでしょう
そんな人がプラスマイナス0になれるような関わりをしたい

そして上向きになったら、あとはその人その人がどう生きるかを決めることができる
きっと私がこのようなことを書けるのも、周りの人たちのサポートのおかげだなって書きながら気づく
その人の存在を認め、一旦受け止める。

マイナス方向に進むのって、時には必要だし
プラスの方向に向かうのもありだし
それを行ったり来たりするのも人間だもの(パクリ^^)

いつもそのようにいられるようにするために
私が心に留めているのが
「自分が源泉」というキーワード

「全ての結果は自分が創り出すことができるという捉え方」のオススメをしてくださった
鈴木博さんの言葉だ
いつも、この言葉を胸に「起こっている出来事」を客観的に眺め
無理難題が自分に降りかかっていても、(妻が突然キレ出したり→たいてい、私が創っているが自分で作っていると思えない笑)とても自分で作ったとは思えない出来事すらも
「もし、自分が創っているとしたら」と捉えることをオススメしている。

あくまでも、オススメですから



足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

スタッフ紹介3 [スタッフ紹介]

歯科衛生士 森竹 まち子
青森県出身太陽歯科衛生専門学校卒業
2009年からソアビル歯科医院に勤務
趣味はショッピング

5.003.jpeg

森竹さんへのインタビュー

なぜ歯科衛生士になろうと思ったの?

高校卒業後の進路を考えていたときに、母から「何か資格を取りなさい」と言われ、たまたま家から5分ほどの距離に歯科衛生士専門学校があったこともあり、そこに入学することにしました。入学して初めてこの仕事を知ったという状況で、初めは「歯科衛生士になる」という気持ちは薄かったのが正直なところでした。
 
どんなことが大変?

器具や機材など、覚えることが多くて新人の頃は苦労し、器具などを実際に手にとって使いながら、一つ一つ覚えていきました。また、ブラッシング指導で患者さんのモチベーションを高めるためにはどうしたらよいのか、すごく悩みました。患者さんがどうしたいのかをまずは確認して、すぐには指導されたくないと思っている患者さんには深追いせず、興味が湧いてきたタイミングで少しずつ話すようにしています。
 
やりがいを感じる瞬間は?

歯周治療に携わることに、仕事の楽しさを感じます。患者さんから「血が出なくなった。ありがとう」と言われたり、「ここにきてよかったよ」と言われると、やりがいを感じます。患者さんとよく話をすること、患者さんの話をよく聞くことを大切にしています。何をしたら喜んでもらえるかを考えながら相手の話に耳を傾け、相手に合わせることを心がけています。話をしないと信頼関係は生まれないと思います。できるだけ話しやすい雰囲気を作り出せるように、まだまだ学ぶことがあると感じます。
 
院長はどんな人?

院長は様々なことを教えてくれますし、失敗してもすぐにフォローしてくれる優しい先生です。

今後の展望は?

今後は、知識面・技術面で不足だと思う部分を学び、レベルアップをしていきたいと思います。

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

スタッフ紹介 折り紙担当 小池 [スタッフ紹介]

IMG_4047 2.jpg

歯科衛生士 小池
好きな言葉は「誠実」です

ソアビル歯科の歴史を最も長く知っているのが小池さん
二人のお子さんを育てています。
いつも復帰を願って、メッセージを送ってました。
その度に復帰してくださいました。

折り紙への想い
スタッフの小池さんからのメッセージ
「歯科に来た緊張感が会計の時にふと目にした折り紙でちょっとほっこりして帰って貰えたらなぁと思っています。
そして、家に帰った時、また目にした時にソアビル歯科を思い出して貰うきっかけになったら嬉しいなと思います。

季節に合わせて その時々に合わせて テーマを持って折っています。
前回は、新学期・新生活をイメージして、”新しい生活に幸せを運んでくる鳥”でした。
嘴には幸せの四つ葉のクローバーを咥えていました。

今回は 父の日に合わせて 日頃の感謝を込めてという事で、バラの花です。
毎回 どんなものにしようかと悩みますが、折り紙を楽しみにしていますと言ってくださる方もいらっしゃるので、楽しく折っています!」

小池さんのような存在が、勇気を与えてくれます。

60221168_409773889606034_2518801171515179008_n.jpg

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

スタッフ紹介2 [スタッフ紹介]

スタッフ紹介二人目
東海林(しょうじ) 歯科衛生士 東京都出身 
鶴見大学短期大学歯学部歯科衛生士科卒業
2012年からソアビル歯科医院に勤務
趣味は料理
5.001.jpeg

東海林からのメッセージ
 私は小学校6年生の時に「ムシ歯ゼロ」で表彰をされました。子ども心に嬉しい出来事として印象に残り、歯科衛生士に憧れの気持ちを持っていました。その頃から「自分の進路は歯科衛生士」と決めていました。
 「いま、ある歯を大事にしてほしい」という私の思いと、「痛みがなければいいかな・・・」という患者さんの想いにギャップを感じる中でお話をする時が悲しいです。事実はきちんとお伝えするとともに、「でもね」という患者さんの気持ちを受け止めながら治療や予防を進める必要があると思っています。
 患者さんに名前を覚えてもらい、声をかけていただけるとやりがいを感じます。歯科衛生士は、患者さんと一緒に口の健康から全身の健康について話し合える良い仕事だと思います。
 患者さんへの対応で心がけているのは、患者さんの話したいことをきちんと受け止めることです。患者さんが伝えきれなかったことがないように配慮しています。
 院長は、熱血漢でエネルギーに溢れています。スタッフにも熱い言葉をかけてくれます。私は当医院に入るまで3軒の歯科医院に勤めてきましたが、患者さんへの愛情を最も感じます。
 最近は、身内の方の紹介で来院される方が増えていますので、親子三代の口腔内を見守っていけるような仕事をしたいです。口腔内の健康に関心を持ち、口と全身の両方を健康にしようと思う方が増えていくようにアプローチしていきたいと思います。多くの人に、予防の大切さを知ってほしいです。
足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
歯科医ランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

スタッフ紹介1 [スタッフ紹介]

スタッフからのメッセージ



歯科衛生士 鈴木
名称未設定4.001.jpeg

東京都出身 東京歯科衛生専門学校卒業
2004年からソアビル歯科医院に勤務
趣味はガーデニング、折り紙、アウトドア

 スズキからのメッセージ
 私は、小さい時から歯科医院によく通っていましたが、怖いというイメージはなく、むしろ楽しかったイメージが残ってます。対応してくれた歯科衛生士は、名前で呼んでくれる優しい方でした、その頃から歯科衛生士になりたいという思いが芽生え始めていたのかもしれません。
 新人の頃は40〜50代の患者さんとコミュニケーションをとるのに苦労しました。うまく話をするのが難しかったり、モチベーションを高めなければならない場面で、一歩引いてしまうこともありました。いきなり歯周病の患者さんを任された時も、対応に苦労しました。
 配偶者やお子さん、お孫さんなど、患者さんの大切な人を紹介していただけると、信頼されていると感じられ、仕事のやりがいに繋がります。何世代にもわたって当院を信頼していただけることは、本当にありがたいです。患者さんからお話を伺う中で、私自身の家族や子供の話を誠実にしていくことが信頼関係構築の基本だと感じています。
 夫である院長とは2003年に結婚し、そのすぐ後に当院を開業しました。その後、子育てのため7年ほどのブランクを経て、現場に復帰しました。
 院長は勉強熱心で、患者さんのことを一番に思っているからこそ、時に厳しくスタッフに指導し、アドバイスをしてくれます。
 今後も、幅広い年齢層の患者さんが来院されると思いますが、特に増加していくことが予想される高齢者への対応を見据えて準備したいと考えています。


スクリーンショット 2019-05-14 6.09.51.png
足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

見えないものを見よう [院長雑感]

見えないものは、見えない・・・

確かにそうである。
問題が起きると、起きた目の前の問題に目を奪われがちだけども
真の問題はそこにはない。

だけど、見るんだよ笑!

よく考えたら見えないものばかりである。
一昨日、歯の痛みで来院された患者さんがいた。
よその歯科医院で治療中だったが痛みが取れないとのことだ。

患者さんも不安でいっぱいの中、なんとかこの痛みを取りたいが
過去に修復している銀歯の歯の神経の痛みの可能性があるが
レントゲン上では問題ないように思える。

よそでは10年来の通院をしていた患者さん
当医院には、昨日が初診だったが100%の診断がつかない以上手をつけることができなかった。
患者さんの背景、痛みの大きさ、不安の大きさ、レントゲンの読影などなど
見えないものばかりである。

虫歯になっていて、穴が空いていたら
どんなに診断が楽だろうか・・・
歯がグラグラしていて、今にも抜け落ちそうだったら
どんなに診断が楽だろう・・

きっとその先生も困ったことだろう・・

昨日もまた一人、初診の患者さんが来た
治療の相談をしたい、とのことだ
ちょうどキャンセルが出たところで拝見することができた。

外国の方で、片言の日本語は話せる。
以前かかっていた歯科医院での治療説明がなく、不安になってきたとのことだが
特に治療を希望しているのではなく診断をしてほしいとのことだった。

手の空いているスタッフに話を聞いてもらったところ、日本語での会話に支障はない。
あとは、口腔内写真、レントゲンなどの資料を揃え一つ一つの歯の状況をできる範囲で検査し、
アニメーションと手書きの絵を使いながら今の状態を分かる範囲で説明した。

特に何も治療はしていないのだが、自分が受けてきた治療がどういうものかわかったみたいで
納得して安心した表情で帰っていった。全く見えないもの、そこに対する不安が大きかったのだとおもう。

きっと世の中見えているのは、表面的に現れていることだけだ
これからも、見えないものを見ようとする努力を続けていきたい。

スクリーンショット 2019-05-14 6.09.51.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

本当の思いを探る目的とは・・真の問題解決を目指して [歯科臨床]

ソアビル歯科医院・受付絶賛募集中です笑
受付不在深刻です・・

普段、いつも気にかけていること
「この方が本当に願っていることは、なんだろう」

最近、受付が辞めちゃって・・・そして昨年末にパソコンの壊れて、受付のパソコンで入力するようになった
受付に立つことが度々あります。

「どうされましたか?」
受付で見たことがない人がいるときの第一声は、こうだ。
すると、大抵の人は
「歯が痛むんです」「詰め物が取れてしまって」「入れ歯が痛くて・・」
とおっしゃる。

うちに見学に来ている先生の脳内会話と実際の会話はこうらしい。
「歯が痛むんです」→(原因は〜だろう)「では、この治療ですね」
問題解決能力が優勢な彼は、痛みを取るための対応を取ろうとするらしい。

確かにそれはそうだ。

痛みの原因を探り、それを取る
確かに、そうだ
我々は、疾病の原因を探りとりそれを治療するトレーニングを積んでいる。

しかし私が普段、心がけていることは
「歯が痛むことによって、この人はどんなことで困っているんだろうか」
「痛む→痛みを取る」だけではなく、この方の背景を知ることや想いに触れることをなるべく意識する。

もちろん急激な痛み、ものすごい腫れに対しては問題解決を急ぐが
現在の歯科医療は、急性期よりも慢性期や、回復期、維持期であることが多い。
急な歯の痛みや入れ歯が壊れたなどの困りごとには緊急で対応するが
ちょっとした不安だけのことも多々見受けられる。

そして「歯が痛い、詰め物が取れたなどなど」表面的に見える問題は、隠されていた問題が出てきたに過ぎないと考えている
だから、その方が抱えている真の問題ってなんだろうっていつも思う。
(この文章を書いている時点で、俺って面倒なやつだなって感じた笑笑 心の叫びが漏れた)

「歯が痛む」
この言葉の裏には、発した言葉の裏には
様々な思いが隠されていて無限の意味を含んでいる

介護や子育て、学校、仕事をしているなどなどの生活背景、
朝起きてから歯を磨く、歯磨き粉の種類などなどの口腔衛生習慣
歯なんて削って治ればいいんだよ、いやいや歯を削るなんてしたいくないなどなどその人の想い
歯の治療するの?怖い・・・治療に時間がかかりそうだなあ・・このままだと、歯がなくなってしまうのでは?痛いの痛くないの?麻酔するの?などなど不安
痛く無くなって快適になってたらいいなあ、歯が綺麗になるといいなあ、よく噛めるようになってたらいいなあっていう希望
いつまでも自分の歯で過ごしていたい!綺麗にしたい!痛みを止めて欲しい!願い
色々突き詰めていくと
その人にとって、歯の価値観 口の健康への価値観ってどんなのだろう?って

咀嚼器官・臓器の一部である歯への関わりをどのように考えているのかなって
多分面倒な歯医者なんだろうなあ笑
ときには触れて欲しくないんだろうなあって感じることもあり

まず、痛みによる問題を解決し
その後、ゆっくりと今起きている問題に対して向き合う時間をもうけています。
本当の思いを探ること、(ときにはわざと流します)

その人の真剣に関わるための第一歩なのかなあ
日々日々、様々な想いに触れることができ新鮮です。
そして、それを本当に解決することが幸せです。

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
スクリーンショット 2019-05-14 6.09.51.png
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

いわゆる増患について思うこと。魔法の杖などない〜このブログの存在理由 [ブログの存在理由]

ソアビル歯科医院ブログの存在理由は
〜ブログを通じて、ソアビル歯科、鈴木を知ってもらうこと〜

このブログの最大の目的は、ソアビル歯科に来てくださる患者さんに対しての私なりの情報提供です。
つまり、万人受けするようないわゆる増患を狙ったネタを披露するつもりはありません。
だから、面白くないかもしれないです笑

令和に入って、ソアビル歯科医院のHPを新しくしました。
あ、これはたまたまです。
年末からホームを新しくしようと思ってて重なっただけです。

最近、このブログを始めてHPの認知度ってどれくらいなんだろうって
竹の塚・歯医者 竹ノ塚・歯科などなど
無作為に地域の歯医者を調べようとしてもソアビル歯科医院の影、形すら見当たりません。
ネットの界隈では、無名の存在です笑笑

このブログの読者もいないかも、今も読まれてるのか??微妙です

スマホ専用のホームページもなく
竹の塚歯医者って検索しても全然見つかりません。
ソアビル歯科医院って検索してもトップにナンチャラパークっていうサイトがあるところに飛んでいきます。しかも、口コミが超適当ないい加減なところです。

最近、初診で訪れる患者さんはほぼ100%どなたかの紹介です。土曜も2名、昨日も2名の初診の患者さんが訪れました。
通りがかりでもなく、ネットを見たとかではなく家族の紹介、知り合いの紹介だったのです。

今回、私が再びブログをスタートした理由は、このブログコンセプトの運・鈍・根にあるように
派手に看板を出したり、インターネットで広告を打ち患者を増やすのではなく
このブログを見て、HPを見て、まずソアビル歯科医院を知ってもらい、

「こんな歯医者なんだ!」
って知ってもらって来院していただくことです。

その結果
実際に、スタッフに触れ合い、人としての優しさ・厳しさや噛める喜びを体験し、歯の大事さを実感してもらえると実感しています。

つまり、来院して良かったって言ってもらえるよう地道に関わるしかないんだなって考えています。

最近、どうしたらたくさんの人に伝わるかなって
考えて検索すると、どうしてもSEO対策等々出てきます。
ただ、自分がやりたいことと違ってくるし

これからも増患対策のためのブログ・HPではなく、
自分が伝えたいこと、知ってほしいことを当医院に来院してくれる患者さんに提供していきます
いくらネットで綺麗事が書かれていても、体験し気づくのは当の本人だけなんだなと思ってます。

しかし、見極めるのって本当に難しいと思います。
医療者が良かれと思って行う行動も、相手の立場を気にしない行動は
誠実かもしれないが、思いやりではなく、思い込みになってしまうことを経験しました。
 過去には、良かれと思って歯ブラシ指導(指導という名の強制)を行なっていたこともありました。
多分、こんなセリフを言っていたんじゃないかな
「ここにこんなに磨き残しがありますよ!」
「磨いているんですか!?」
「磨くつもりありますか?」
当然、患者さんは聞き入れてくれません。正義だと思っている私も意地になってしまい
ついつい、きつい言葉になり相手を追い詰めてしまう。
ものすごく反省しました。相手の立場があってこその指導になることを痛感しました。

そんな時、言うことを聞いてくれるような魔法の杖があったらな〜と思うのですが
真剣で、情熱を持って、誠実に、時に思いやりを持って携わる
そんな地道なやり取りの結果が患者さんに届くのではないかと思っています。

魔法の杖などなく、誠実に、真摯に相手に向き合うだけです。
自分が大事にしていることを根拠に基づき、真剣にその人のことを考え、その人に合わせた指導が必要なのです。

ネットでの配信もそうだと考えています。
増患をするような魔法の杖など、存在しないのです。
地道に地道に信念を持って、自分の思いを配信しようと考えています。

ブログを増患のためのツールとして使うのではなく、
なるべく、生の声に近い情報としてお伝えできたらと思ってます。
多少、演出はあるかもしれませんが読んでくださる方へのおもてなしと捉えてください笑
スクリーンショット 2019-05-14 6.09.51.png

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

第1回歯周基本治療研究会 [歯科]

2019年6月30日
現在所属するスタディーグループ歯考会の先輩
若林先生、飯野先生、熊谷先生がご登壇します

申し込みは、https://stoptheperio.com/workshop-1/

F2C3B838-A3CE-4039-89FF-E669B08F6E4A.png

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
歯科医ランキングにほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

1人を相手に11人で・・・ [院長雑感]

IMG_0841.jpg

たしかに。。。

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
歯科医ランキングにほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

送迎 [休日]

休日の朝は息子を送り、あちこちまで

IMG_3994.jpg

今日は、新座まで
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

第45回あだちこどもまつり [休日]

竹ノ塚 元渕江公園にて
第45回あだちこどもまつりが開催されていた

10年くらい前には、よく来たな〜と思い返しながら
息子とよく訪れた12年前の淵江公園
2007年頃
603255399_121s.jpg

2019年 
娘と二人で過ごした休日は
ここ淵江公園
IMG_3996.jpg

今年で45回目!のあだちくこどもまつり
だいぶ長い歴史があるようだ
第1回の開催は1975年
2回目になると参加者が2500名!!も
サバを読んでいることもあるんだろうけど、受付の方が
昔は盛り上がってたんだよ〜と言っていたのもうなづける。

今年はどう多く見積もっても200人くらいだろうか・・・
それでも、ボランティアの方々を中心に盛り上がってましたよ!

IMG_4008 2.jpg

お昼過ぎに到着したのであまり、多くのイベントには参加できなかったのですが
丸太切りにチャレンジ

うん。腰が入ってないですね
IMG_4005.jpg

IMG_4007.jpg

それを、細工してお部屋に飾るそうです
IMG_4016.jpg

新緑の季節、ものすごく過ごしやすい1日でした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康