So-net無料ブログ作成

メインテナンスのオススメ [歯科]

定期メインテナンスのオススメ

pmtc007.png

そもそも、歯の表面における細菌の付着が病原性を高めていくことから
とにかく染め出しをしながらプラークを除去していくことがとにかく重要である

しかし、歯周ポケットが存在している嫌気性下ではポケット内や歯石上に付着しているバイオフィルムを除去する必要があるため、適切な歯周組織検査を行い歯周基本治療を徹底して行うことが重要である。

「歯肉縁上の歯面にレンサ球菌などの病原細菌が付着・定着し、バイオフィルムが形成された後、偏性嫌気 性菌が付着します。ここから歯肉縁下のバイオフィルムの形成は始まります。的確なプラークコントロール により歯肉縁上のバイオフィルムを取り除くことにより、偏性嫌気性菌が付着できず、その後の歯周病原細 菌の付着も妨げることから、歯肉縁上のバイオフィルムを形成させないことが重要です。 偏性嫌気性菌が付着後、Porphyromonas gingivalis や Tannerella forsythia などの歯周病原細菌が付着すると、 歯周組織を破壊する毒素や内毒素から上皮細胞などが破壊され、付着の喪失が起こります。」

足立区竹ノ塚 ソアビル歯科医院https://www.soar-dc.com
歯科医ランキングにほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。