So-net無料ブログ作成

ロジカルシンキングの罠 [院長雑感]

ロジカルシンキングの罠にハマって、もがくことを多々経験していた・・・
自分の中にあった前提条件と相手の中にある前提条件の違いがロジックを破綻させる
そんな時は、ロジックを説明すればするほど怒りの感情が芽生えてくる。

わかってくれていないと感じる時ほど、そうなる
自分は「合理的」と言っている時ほど「不合理だ」笑
まず、ロジックの罠

1 他の人も事実やロジックを正しく理解しているはず
 そもそも、人は自分の理解したいように理解する前提を忘れがち。
相手が何を感じ何を考え、どうなっていたいのか?相手の価値基準を明確にしないことには、説明は全て無に帰す。

2 俺は間違ってない
 なんでだろうか?ロジックに考えれば考えるほど、ムキになる。「自分は間違ってない。」と思いがち。そもそも、自分の言っていることは全て間違っているかもしれない前提でもいいくらい。

3 ロジカルにものごとが進めば成功する
 効率的に進むが、それが果たして成功するかどうかはわからない。

以上のことから、ロジカルシンキングを使う前に考えることは
あくまでも、できるだけだれもが納得できる本質的な考え方を持って、お互いがお互いに、相手が対等に「自由」な存在であることを認め合うこと。承認をすること
いわゆる
「自由の相互承認」が前提になっていることをいつも考える。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。